忍者ブログ
[137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私を知らないで (集英社文庫)
白河 三兎『私を知らないで』
ネットでの評価が高く、よく「傑作」という言葉で形容されていたので、ずっと気になっていた作品。
この本を探しに行ったわけではなかったのだが、何か本を読みたいと思って本屋に立ち寄ったら、特に目立つ置き方をしていたわけでもないのに真っ先に視界に飛び込んできたので、なんとなく縁を感じて購入。

【作品紹介】
中2の夏の終わり、転校生の「僕」は不思議な少女と出会った。
誰よりも美しい彼女は、なぜか「キヨコ」と呼ばれてクラス中から無視されている。
「僕」はキヨコの存在が気になり、あとを尾行するが…。

少年時代のひたむきな想いと、ままならない「僕」の現在。
そして、向日葵のように強くしなやかな少女が、心に抱えた秘密とはーーー。

メフィスト賞受賞の著者による書き下ろし。
心に刺さる、青春の物語。



読み終わってから知ったけど、メフィスト賞作家の作品だったのか。

私は《どこか冷めた主人公》ってのは好きだし、《謎めいた美しいクラスメイトの女の子》っていうのも大好きなので、設定は大好物なんだけど、なんだかプロットがある小説という印象だった。
「登場人物が勝手に動くんです」と言う作家はいるけれど、この作品は、予定通りに登場人物が動かされているという感じ。
ところどころわかりにくい文章が見受けられたり、登場人物が生きてない気がした。

私の読んでる時の状況もあるのかもしれないし、説明口調だったせいかもしれないけど、
メフィスト作家にしては感情的じゃないよね。←偏見
展開も読めるし。

でも読ませる文章ではあって、一気に読んだ。
厳しめに書いてるので誤解されると困るのだけど、この小説は面白かったです。とにかく一気に読めるし。
メフィスト作品にあるような、《中毒性》みたいなものは、この作品も持っていると思う。
設定も、プロットも好き。

ただ、作品全体として好きか嫌いかと言われると、期待に反して特にハマるというわけでも、オススメしたくなるというわけでもなくて、何でこの小説がここまで評価を得ているのか、申し訳ないけどちょっとよくわからなかった。
余談だけど、AKB48の小島陽菜もオススメしてるみたいなので、そちらから興味を持つ人もいるのかもしれないですね。

解説は小学校の先生の国語の授業みたいな感じだった(´-ω-`)w




きみとぼくが壊した世界 (講談社ノベルス)
西尾 維新『きみとぼくが壊した世界』
【作品紹介】
奇妙な相談を受け、シャーロック・ホームズが愛した街・ロンドンへと誘われた病院坂黒猫と櫃内様刻。
次々と巻き起こる事件の謎解き合戦が始まった!
これぞ世界に囲われた「きみとぼく」のための本格ミステリ!



世界シリーズの三作目。

ドンデン、ドンデン、ドンデン、ドンデン、シュルンって感じだった。←
やたらと読むのに時間が掛かってしまったぜ。

夢オチというか、今まで一生懸命読んだのを無(完全な無ではないけど)に返されまくる感じが、読んでて途中で嫌になっちゃった。
事件自体は大したものじゃないんだけど、作っては壊し作っては壊す感じが、買ったばかりのルービックキューブで遊んでるみたいな。
西尾維新の蛇足作品って感じ。




4TEEN
石田 衣良『4TEEN』
【内容紹介】
第129回(平成15年度上半期) 直木賞受賞

銀座から地下鉄で10分、木造の長屋ともんじゃ焼きとスカイラインを切り取る超高層マンションが調和して共存する町・月島。
この町で僕たちは恋をし、傷つき、死と出会い、いたわり合い、そして大人になっていく…。
 180センチ、100キロの巨漢、ダイ。
 ウェルナー症候群という難病のナオト。
 勉強が得意なジュン。
 かっこいいことを言ってもどこかイケてない、テツロー。
14歳の中学生4人組が1年間に出会った8つの瑞々しい物語。



石田衣良さんは「リバース」を読んで、IWGPをドラマで観たけど、
どちらも「途中までものすごく面白いのに、ご都合主義で終わらせるんやなあ…」という印象だった。

今作は直木賞受賞作。
四人の少年の物語であるが、主人公テツロー目線で楽しく読めた。
相変わらず読みやすい。

他人の問題は客観視できるけど、自分のことはわからないというか、
テツロー目線だから彼自身がどんな魅力を持つ人物なのかわからなかった(本人は「自分は平凡で普通」という認識だが果たして?)。
誰しもそんなもんかねえ。

しかし皆、14とか16とか、それぞれイメージがある年代よなあ…
とか思いながら読んでいたが、本当に『6TEEN』も出ているらしい。もういいよ(笑)

最終章の書き下ろし、まとめ的な部分になると、
小説で教訓ぽい説教じみたことでまとめられるの苦手な私は「キタキタ」と思ってしまったけど、
別に悪いこと言ってるわけじゃない。
ただ私が苦手なだけ。 教訓を求めるな!

個人的に今まで持ってた石田衣良さんの悪いイメージは払拭出来つつあった作品だった。
ただ、これまで自分が、大きい賞を受賞した作品を ことごとく読んでこなかった人間なので、
「へえ、こういうのが直木賞取るのか」とか思いながら読んでしまいましたてへぺろ☆(・ω<)

それに、やたらと実在する店舗名やブランド名なんかをバッチリ書くのは、
想像上の創作とはいえ、リアル感を演出して、読者に、物語をより身近なものとして捉えてもらえるためなのかな。スポンサーとかじゃないよね。
それとも、他の著作との関連アピールなのか。

あと、全然関係ないんだけど、
友達の名前、小野大輔ってwwwwwwwwww
別にいいんだけど気になったwwwwwwwwwwwww
しかもデブキャラだったから笑えたm9(^Д^)プギャー!


拍手[0回]

PR
● COMMENT ●
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
D☆DATE - DAY BY DAY
最近管理人がリピしまくってるD☆DATEの曲♪\(^o^)/
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おともだちリンク
西のエデン はくたけ氏!(^ω^ω^)
ティロノリンコ こまさん!(^ω^ω^)
ゆくりと行こうか ままんさん!(^ω^ω^)
ヒマ人間 黒子さん!(^ω^ω^)
O-himonochan さっちゃん!(^ω^ω^)
大樹の言の葉 樹さん!(^ω^ω^)
Stun Bad!!2 ばーぐさん!(^ω^ω^)
マヨネーズ信者のアレなブログ。 マヨ香さん!(^ω^ω^)
桜徒然 桜さん!(^ω^ω^)
しな福 緒児目明子さん!(^ω^ω^)
最新コメント
[08/07 Kennether]
[06/25 時々]
[05/18 にしかわ]
[12/31 干物]
[12/24 干物]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
おすすめサイト

カンタン!貯まる!ポイントNo.1♪懸賞ドリームプライズ!
モッピー | お金がたまるポイントサイト

おこづかいとウェブマネー稼ぐなら、お小遣いサイト「モバトク通帳」

-----18禁-----

出会いSNS PCMAX
忍者アナライズ
P R
プロフィール
HN:
chipu
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1990/03/27
職業:
大学院生
趣味:
アニメ/読書/ニコ動
自己紹介:
基本的にぐだぐだ。NY在住。
ピアノと英語を勉強中。

興味:瀬戸康史(D☆DATE)、下野紘、日本史、文房具、セクシュアル・マイノリティ、ドラマ、アニメ、声優、映画、読書

音楽:EGOIST、Aimer、尾崎豊、倉橋ヨエコ、GRANRODEO、椎名林檎、supercell、tacica、東京事変、BUMP OF CHICKEN、plenty、ボーカロイド、Mr.Children etc... (五十音順)
chipu!:)
▼リアルブログ
デコメ日記

▼前のブログ
影法師の行方

▼前の前のブログ
silhouette∮*゜

chipu@灯れ松明の火さんの読書メーター

chipuさんの鑑賞メーター

携帯アクセス解析
メーター
忍者ブログ [PR]
【 ♥ イラスト提供:Night on the Planet ♥ 】